薄毛、抜け毛に悩む女性は意外と多い!?

女性が薄毛になる原因

女性の薄毛はここ数年で数倍に増加しています。
昔は髪の薄い女性は少なかったものですが、最近はよく見かけるようになりました。
女性の薄毛の原因の多くは、ホルモンバランスの変化にあると言われています。
髪も皮膚の一部である以上、必ず老化現象が現れてきます。
特に更年期障害と重なる時期は、髪の衰えをより感じやすくなります。
ホルモンバランスを崩すような生活習慣は、髪を急激に衰えさせます。
最も髪によくない習慣はストレスであり、特に女性はストレスを我慢する傾向があるので、ストレス性の薄毛が多いのです。
この場合はストレスを解消するだけで、髪が元気になることが少なくありません。
男性のAGAと比べて、はるかに改善させるのは容易なのです。

女性は男性よりも筋肉量が少ないため、身体が冷えやすいのが現状です。
冷えは血行不良を招いてしまい、頭皮への活力不足につながります。
育毛剤や育毛サプリを使用しているのに、ほとんど変化を実感できないという方は、血行不良を招いている可能性があります。
喫煙習慣のある方は早急に禁煙し、血流をよくするために酢を飲むなどの対策をしましょう。
もちろん、身体を温めるケアも必要なので、ゆったりとリラックスしながら入浴する習慣も必要です。
短時間で入浴を済ませる方は身体が冷えやすく、入浴によるストレス解消作用の恩恵を受けられません。

食生活が乱れている女性も、薄毛を招きやすいので注意しましょう。
髪を構成するのは飲食物であり、普段摂取している食品により髪質も変わってきます。
脂肪分の摂りすぎを避けて、ビタミン・ミネラルを多めに摂取するようにしましょう。
過度のダイエットは薄毛を促進するので、ダイエットは無理のない範囲で行ってください。

男女で違う薄毛の原因

髪が生えなくなる、また抜けやすくなるという薄毛の症状は、男性と女性で原因が違うという事をご存知でしょうか。

男性の場合、AGAで薄毛が進行するケースが少なくありません。
AGAとは男性ホルモンの、ジヒドロテストステロンが関係して起こるのが特徴です。
ジヒドロテストステロンは髪の細胞を作る、毛乳頭の働きを阻害してしまいます。
ですので、髪が生えない・生えてきても細い・すぐに抜けてしまうといった薄毛の症状が現れます。
AGAでは、特に頭頂部と生え際にかけて髪が薄くなると言われています。

一方、女性の場合薄毛の原因は多岐にわたります。
例えば、妊娠・出産で女性ホルモンのバランスが変化する事でも、髪は抜けやすくなります。
もちろん、加齢により女性ホルモンの分泌が減ってしまう事も、薄毛を進行させる原因です。

この他にもパーマやカラーリングなどで、頭皮にダメージが加わる事で発毛の機能が衰えてしまう事もあります。
ポニーテールやエクステといった、髪を引っ張り続けるヘアスタイルは、薄毛の大きな原因となってしまうので女性の場合、注意しましょう。
髪を引っ張った事で起こる薄毛は、牽引性脱毛症と言われています。
牽引性脱毛症を予防するには、同じヘアスタイルを続けないという事が大切です。

若い女性ですと無理なダイエットにより、栄養不足から抜け毛が増えるケースも少なくありません。
女性の場合、男性とは違い髪全体が薄くなる傾向にあるようです。

遺伝やストレス、栄養不足など男女共に抜け毛が増える原因もあります。
自分の薄毛がどのような原因で起こっているか分からないという時は、専門のクリニックで診察してもらい、原因をはっきりさせる事で、その後の発毛ケアも行いやすくなるでしょう。

正しい髪のお手入れ方法

頭皮に合わないシャンプーの使用や乱暴なシャンプーの仕方などは、頭皮に湿疹が現れてトラブルになったり、髪を傷める原因や薄毛のもととなってしまう可能性があります。
そのようなことにならないためにも、正しい髪の手入れをすることによって頭皮のトラブルを避け、薄毛を予防することができるようになります。
正しいヘアケアの仕方としては、髪を洗う前の乾いた状態のときに髪の毛をとかして、髪のもつれをとり、ホコリを落とします。血行も良くなるため、皮脂やフケなどの汚れが浮いてくるため洗うときに落ちやすくなります。シャンプーの前に、すすぎを十分に行って髪と地肌を濡らします。シャンプーは髪の長さによりますが、500円玉ほどの量を両手に広げて頭皮をもみこむように洗って行きます。このとき爪は立てずに指の腹で行うことが重要です。シャンプーは二度洗いが理想だとされています。
洗い終わった後は、泡を切り濯ぎます。十分にシャンプーを落とさなければフケやかゆみの原因となります。最後に頭皮にはつけずにコンディショナーをつけて、濯ぎは丁寧に行います。
洗髪後はタオルで拭きますが、このとき擦ってしまうと髪のキューティクルはダメージを受けてしまいます。そのためタオルドライを行うときには、ポンポンと抑え込むようにして叩いて水気をできるだけとります。十分にタオルドライをしたあとは、ドライヤーで短時間で髪を7~8割ほど乾かします。
このような正しい手入れを行うことによって薄毛を防ぐことができるようになります。しかし、髪に合わなければ意味が無いため自分に合ったシャンプーを使用することが大切です。どのようなものが良いのかは、美容室で相談することもおすすめです。

AGA治療で外出がもう怖くない

HARGの口コミを見る